伝建資料室

地区ブロック一覧

令和2年(2020)現在 合計100市町村

全国伝統的建造物群保存地区協議会は、伝統的建造物群保存地区を持つ市町村が集まり、昭和54年に発足しました。現在は、全国を6つの地区ブロックに分けて活動しています。

協議会では、保存地区の歴史的町並を保存するためのさまざまな情報を収集・蓄積し、これらを会員相互で共有するとともに全国に発信するため、歴史的町並の保存に関わる講演会の開催や写真パネル展、協議会のインターネットホームページの開設などを行っています。

※「伝建台帳」は、各地区の伝建地区担当部署へのアンケートをもとに作成されたものです。

ページの先頭へ戻る