八女市黒木

八女市黒木Yame-shi Kurogi

黒木地区は、黒木氏が拠った猫尾城の落城後、江戸時代に豊後別路の整備に伴い新たに町立てされ、久留米藩の在方町として発展した。

町家は、明治11年の大火後の建築で、妻入二階建・入母屋造棧瓦葺を基本に、両袖に下屋を降ろす形式(居蔵造)を特徴とし、屋敷尻には土蔵が連坦する。黒木の伝統的町並みは、矢部川の豊かな水系が織りなす佇まいの中に共生している。

  • 八女市黒木
  • 八女市黒木 1
  • 八女市黒木 2
  • 八女市黒木 3
  • 八女市黒木 4
Area :
福岡県
Type :
在方町

地図で見る町並み変遷

地図

他の街並みを探す

  • 地域から探す
  • 地図から探す
  • 種別から探す

ページの先頭へ戻る