大田市大森銀山

大田市大森銀山Ohda-shi Omori-ginzan

大森銀山地区は、幕府直轄地約4万8千石、約150ヵ村の中心の町であった。銀山は14世紀初めに発見されたと伝えられ、産銀量は17世紀初頭にピークをむかえ海外にも輸出された。

町並は銀山川沿いの谷間に延びる約2.8キロの範囲で、代官所跡や郷宿、武家屋敷、商家などが現存し、背後の山裾には社寺や墓地、石切場なども残され、鉱山町の歴史的景観を良好に伝えている。

  • 大田市大森銀山
  • 大田市大森銀山 1
  • 大田市大森銀山 2
  • 大田市大森銀山 3
  • 大田市大森銀山 4
Area :
島根県
Type :
鉱山町

地図で見る町並み変遷

地図

他の街並みを探す

  • 地域から探す
  • 地図から探す
  • 種別から探す

ページの先頭へ戻る