喜多方市小田付(在郷町・醸造町 福島)
Kitakata-shi Otaduki, Fukushima, merchant / historic industrial town
喜多方市小田付は、天正年間の町割に始まり、定期市により会津北方の交易の中心として近世に発展を遂げた在郷町である。酒や味噌・醤油の醸造業も盛んになり、近代以降も会津地方の要地としての地位を保ってきた。近世末期までに発展した地割がよく残り、その上に多様な土蔵が並ぶ特徴的な町並みを形成している。