丹波篠山、秋の行事(5イベント)

発信日:2013年9月
発信元:兵庫県篠山市篠山

篠山城大書院 お茶席「おまっ茶でおもてなし」
 伝建地区内にある篠山城大書院で、篠山鳳鳴高校生活部茶道部門によるお茶席を開催します。日頃のおけいこの成果をお楽しみに。
日時:平成25年9月14日(土) 11:00〜16:00
場所:兵庫県篠山市北新町 篠山城大書院
料金:300円(お抹茶・お菓子)※入館料は別途必要(大人400円、大学・高校生 200円、中学・小学生100円)

まちなみアート「丹波の國“芸術作家”展」
大丹波(綾部市、亀岡市、篠山市、丹波市、南丹市、福知山市、京丹波町)の個性あふれる7名の作家による町屋を活用した展示会。
 また、期間中は町屋の芸術学校として「講演会」や「ワークショップ」、「ギャラリートーク」、「ガイドツアー」など様々な催し(事前予約が必要なものもあります)が行われます。
日時:平成25年9月14日(土)〜16日(月)、19日(木)〜23日(月)10:00〜17:00
場所:兵庫県篠山市河原町  公式ホームページ

ササヤマルシェ
枝豆や山の芋など秋の味覚が顔を出し始め、町全体が賑やかくなるこの季節。伝建地区の歴史ある町並みを舞台に、町家の軒先などを利用して行われる年に一度の特別なマルシェ。
 「ハナシ・ハズム・マルシェ」を合い言葉に地元のつくり手さんや農家さん、京阪神から素敵なお店がたくさん出店されます。
 また10月12〜14日は伝建地区周辺で「丹波篠山味まつり」も開催しています。遠足がてら、気軽に遊びに来てください。
日時:平成25年10月12日(土)〜14日(月)、19日(土)、20日(日)、26日(土)、27日(日) 10:00〜16:00
場所:兵庫県篠山市河原町周辺  公式ホームページ

春日神社の秋季例祭
春日神社の秋季例祭は、寛文3年(1663)に奉納されたものなど豪華な9基の鉾山、また、元禄7年(1694)に2基と安永8年(1779)に2基が寄進された基体の金御輿が巡行したり、さらに、8基の太鼓神輿が春日神社の境内の中を所狭しと練り込んだりと、宵宮、本宮祭の両日とも、伝建地区を含む城下町は大賑わいとなります。
  豪華な鉾山はもちろん、金御輿や太鼓神輿の威勢のよいかけ声を聞くと、秋の深まりをいっそう感じさせてくれます。
日時:平成25年10月19日(土)・20日(日)
場所:篠山城下町  ホームページ

青山記念文庫企画展−県立篠山鳳鳴高校所蔵資料を中心に
篠山藩主青山家が所蔵していた江戸から明治時代にかけての書籍1万冊が、昭和26年に県立篠山鳳鳴高校に移され、「青山記念文庫」と命名されました。
 この貴重な青山記念文庫所蔵図書の展覧会を伝建地区内にある篠山城大書院で開催しています。青山記念文庫の所蔵書籍が校外で公開されるのは初めてのことです。
日時:開催中〜12月15日(日)9:00〜16:30(月曜日休館)
場所:兵庫県篠山市北新町 篠山城大書院
料金:大人400円、大学・高校生200円、中学・小学生100円
ホームページ 




BACK