秋月戦国祭、シンポジウム『伊能忠敬と秋月街道」

発信日:2011年10月22日
発信元:福岡県朝倉市秋月

秋月戦国祭「秋月鎧揃え」

復活しました!「秋月鎧揃え」。その伝統を絶やさぬように、今年度は、春に続き、秋の「秋月鎧揃え」を行います。
 秋月には伝統行事である「秋月鎧揃え」という勇壮な行事がありました。藩政時代、初代藩主、黒田長興公が島原の乱出陣前に馬ぞろえ(軍事演習)を執り行ったことに由来し、乱の鎮圧で武功を挙げて凱旋した後に、島原の凱旋記念と尚武のために、毎年正月に鎧揃えを行うようになりました。しかしながら、昭和25年を最後に途絶えておりました。
 それを平成21年5月に約60年ぶりに、秋月有志により復活しました。この伝統がまた途絶えぬよう毎年続けて行きたいとの思いから、小規模ですが昨年より「秋月鎧揃え」として開催しています。参加される方も同時募集中です(先着20名 参加費:5,000円)。参加希望の方は、早めに下記問合先に申込を行って下さい。
 また、11月6日(日)午前11時より、午後2時より秋月城史跡内梅園公園において、「原鶴の戦い」の上演(劇団つむじ)も行われます(原鶴の合戦:天正9年(1581)朝倉市杷木久喜宮(原鶴)において、筑前国秋月氏と豊後国大友氏の合戦)。

日時:平成23年11月3日(木)午後1時00分より
〈武者行列行程〉
13:00 杉の馬場通り入口出発
14:00 秋月八幡宮到着・参拝
14:30 垂裕神社到着・参拝
15:00 秋月郷土館到着・記念撮影
主催:秋月地域協議会・秋月戦国祭実行委員会
問合先:朝倉市観光協会 TEL0946-24-6757

秋月街道シンポジウム「伊能忠敬と秋月街道」

秋月街道は長崎街道の前身ともいえる存在で、中世より肥前・肥後・筑後と筑前・豊前を結ぶ道です。長崎街道の整備以前より肥前と肥後・豊前を結ぶ道で、戦国武将が戦いのため、宣教師が布教のために往来した道です。途中には松崎・野町・秋月・千手・大隈・猪膝・香春・呼野などの宿場がありました。現在は、久留米市から小郡市、大刀洗町、筑前町、朝倉市、嘉麻市、田川市、香春町を経て北九州市小倉に続く「歴史の道」です。
 今回は、伊能忠敬研究会の会員で論文も発表されている河島悦子さんを講師に招き、伊能忠敬の業績を振り返るとともに、秋月街道の測量の状況や、北部九州の測量がどのような理由で詳細に行われたのかを検討します。
 また、巡検では伊能測量隊の秋月周辺の足跡を辿ります。

日時:平成23年11月27日(日)午前10時00分〜午後3時30分
場所:秋月公民館 TEL0946-25-0458(当日受付)
問合先:秋月郷土館 TEL0946-25-0405
〈プログラム〉
10:15〜11:45 基調講演
13:15〜13:15 巡検
秋月街道ネットワークの会




詳細+PDF

 

 

 

 

 

 

BACK