岐阜県重要無形民俗文化財「岩村町秋祭行事」 発信日:2010年9月10日
発信元:岐阜県恵那市岩村町本通り

秋祭りは、岩村城創築者とされる加藤景廉(武士の神)を祀る八幡神社と景廉の子遠山景朝(町人の氏神)を祀る武並神社のお祭りです。
朝、子景朝を乗せた神輿を奉じて武並神社を出発し、伝建地区を通り父景廉の許(八幡神社)へ参向する。父子対面して一夜をともに過ごし、翌日景朝は神輿を奉じて武並神社に帰るという祭りである。
行列の構成は、時代の変化により多少の違いはあるが、衣装、道具とも江戸時代からの伝承によるもので、いまも町を挙げての行事として町民が参加している。

日時:10月2日(土)、3日(日) 9時〜13時
場所:恵那市岩村町本通り伝建地区


 


BACK