しらかべ七夕祭金魚ちょうちん祭り 発信日:2010年6月10日
発信元:山口県柳井市古市金屋地区

第10回しらかべ七夕祭

市内の幼稚園・保育園(8か所)の園児が制作した短冊・飾りなどを約30本の笹竹に付けて、白壁通りの民家・商店の軒先に飾り、来街者に楽しんでもらう。1〜2か所に短冊と笹竹を設置して、観光客等来街者に願い事を書いて付けてもらう仕組も採用。毎年雨が降るが、雨対策がなされた短冊・飾りも見もの。

開催日:7月2日(金)夕刻より7月7日(水)まで
問合先:柳井市白壁の町並みを守る会 事務局國森重彦(0820-22-8077)


第19回金魚ちょうちん祭り開催

柳井の民芸品である金魚ちょうちんをモチーフにしたお祭り。白壁の町並みや駅前通りに約2,000個の金魚ちょうちんが飾られ、夜の金魚ちょうちんに灯りがともされた姿は幻想的です。当日は会場各地で様々なイベントが行われ、メインの「金魚ねぶた」は祭りの会場を堂々と、時には荒々しく練り歩きます。

開催日:平成22年8月13日 16:30〜21:15(雨天時には一部イベント中止)
問合先:柳井市役所商工観光課
TEL:0820-22-2111 FAX:0820-23-7474 
なお、金魚ちょうちんは祭りの開催前後10日間程度飾られており、夜は灯りがともされます。ぜひご覧ください。


ソーメン流し(金魚ちょうちんまつり協賛)

毎年10万人近い来街者を集める柳井市の金魚ちょうちんまつり。白壁通りの中心部に約20メートルの木製の樋を設置し、街中でのソーメン流しという非日常を参加者に味わっていただいている。原価がかかるので、1杯(一出汁分)¥300で約200人の方に楽しんでいただく。同時に屋台を出店して、かき氷も人気商品。H12年から実施しているが、何回か雨で中止したこともあるので、今年で10回目くらいか?

開催日:8月13日午後5時半より午後8時ころまで
問合先:柳井市白壁の町並みを守る会 事務局國森重彦(0820-22-8077)


第11回八朔の船流し

遠く平家の時代に遡って柳井の地で始められ、少なくとも大正時代末期までは両家の子女により実施されていたという商家の行事を当会が復活したもの。八朔(旧暦の8月1日)に、少女が良縁を願って紙製のひな人形やお供え物を木の船(頼母船)に乗せて柳井川に流したという。当会で約20艘の船を用意し、毎年8月下旬に中高生の女子生徒に浴衣姿・下駄ばきで参加してもらっており、TVを始めとするメディアやカメラマンの注目を浴びている。

開催日:8月20日(金)12:30より約1時間を予定
問合先:柳井市白壁の町並みを守る会 事務局國森重彦(0820-22-8077)



BACK