富田林市富田林(寺内町・在郷町 大阪)
Tondabayashi-shi Tondabayashi, Osaka, temple town
富田林は中世末期に成立した寺内町と呼ばれる宗教都市である。町内は南北六筋、東西七町に整然と区画され、周囲には土居をめぐらしていた。江戸時代以降は、周辺地域の物資の集積地として商業活動が継続し、在郷町として発展した。保存地区は成立期以来の町割が良く残り、街路沿いには入母屋造又は切妻造で平入・本瓦葺の大規模な町家が軒を連ねている。