牟岐町出羽島(漁村 徳島)
Mugi-cho Tebajima, Tokushima, fishing village
徳島県南部に位置する牟岐町の南海上に浮かぶ出羽島は、鰹漁を中心とした漁業の隆盛によって繁栄した島の漁村集落である。江戸後期の本格的な移住開始を契機に、島北部の入江を利用した港の周りに集落が形成された。幕末から昭和前期までの伝統的な主屋が良く残り、集落拡大の変遷を示す歴史的な地割と一体となって、離島における伝統的漁村集落の風致をよく伝えている。