杵築市北台南台(武家町 大分) 
Kitsuki-shi kitadaiminamidai, Oita, samurai quarter
南の八坂川と北の高山川に挟まれ、東にある守江湾に向かって長く延びる岬と背後の台地上にあり、その台地は西から東に流れる谷川によって南北に分断され、北部は北台、南部は南台と呼ばれている。近世ではその両台地上は杵築藩の家老以下の主立った武士の居住区であり、近代以降は近世の旧屋敷地割りを良く残しつつ近現在の住宅が建てられているが、武家住宅も残されている。