鹿島市浜庄津町浜金屋町(港町・在郷町 佐賀)
Kashima-shi Hamashodumachi-Hamakanayamachi, Saga, port town
鹿島市は佐賀県南西部の有明海西側、保存地区は浜川河口の右岸に位置し、長崎街道のひとつ多良海道が町の中央を通る。近世に鹿島藩の港町として、商人や船乗り、鍛冶屋等が住み発展した。海道と小路が町のフレームを形成し、道沿いや敷地背後に水路が走る。河港の在郷町としての地割をよく残し、茅葺や桟瓦葺の町家が建ち並ぶ、特色ある歴史的風致を今日によく伝えている。