金ケ崎町城内諏訪小路(武家町 岩手)
Kanegasaki-cho Jyonai-Suwakouji, Iwate, samurai quarter
金ケ崎町は岩手県の南部にあり、江戸時代には伊達領では北上川以西で最北端に位置した。保存地区は北上川に面する台地上にあり、伊達藩の家臣大町氏の屋敷であった要害を中心に構成された武家町である。街路に面して生垣と屋敷林が連なり、その奥に茅葺の武家住宅が配される。江戸時代の街路構成を残すとともに、保存地区周囲を囲む樹木帯等の自然環境にも恵まれている。