日田市豆田町(商家町 大分)
Hita-shi Mameda-machi, Oita, merchant town
大分県西部に位置する日田市豆田町は、近世初期に建設され、城下町から商家町へと変遷した。寛永16年(1639)に幕府の直轄地となってからは、九州における政治・経済の中心地として発展した。南北2本の通りと東西5本の通りによる整然とした町割を残し、各時代で特色ある多様な建築様式は、変化に富んだ町並を形成している。