名古屋市有松(染織町 愛知)  
Nagoya-shi Arimatsu, Aichi historic industrial town (shibori)
有松は、慶長13年、東海道の鳴海宿と池鯉鮒宿の間に尾張藩によって開かれた。東海道を往来する旅人の土産物として絞り染め(有松絞り)が考案され、以降、有松絞りとともに町が  発展した。ゆるやかに曲がった東海道に沿って、広い間口を持つ絞商の主屋や門・塀が数多く見られ、比較的ゆったりとした町並みが継承されている。